私がダイエットに使ったコンブチャクレンズについて分かりやすく短く紹介!

コンブチャクレンズはファスティングダイエットによく用いられており、その期間中に口にするにはコンブチャクレンズだけです。 1日ないし2日間のプチ断食という方法が一番よく取り入れられています。 そこで割るのに一番おすすめの材料はカロリーがゼロで無味無臭の炭酸水です。 炭酸は腸を刺激して腸の動きを活性化し、便通を促して代謝アップに貢献したりしています。 また、炭酸水だけでなく、豆乳で割ると満腹感を感じやすく、美肌効果も期待できます。 そこで飲み方ですが、1回のコンブチャクレンズの量は30mlに対して炭酸水などの割り物を150mlを使用し、1対5が基本です。 そこで注意事項ですが、2日間のファスティング後の2日間は回復食を経て少しずつ段階をふんで通常の食事も戻していきます。 回復食について詳しく説明すると、最初は重湯からスタートし、そしておかゆ、うどん、具入り味噌汁と少しずつ段階をふんでいきます。 ファスティング期間が終わっていきなり通常の食事に戻してドカ食いをすると、胃腸がびっくりしてしまいます。 それだけでなく、吸収率もアップしているのでリバウンドのリスクも高くなります。 さらにファスティング期間が終わった安心感と今までの我慢が爆発して、ドカ食いしてしまうリスクも高まります。 このようなことを考えて、ファスティングを行った日数分は回復食にすることが大切です。 そのようにすると胃腸の負担も軽減され、ドカ食いやリバウンドのリスクも少なくなります。 このことからこのダイエット方法の成功の分岐点は回復食が大きなウエイトを占めています。